IOFT 2019

土曜日に帰国したと思ったら、水曜日には国内の展示会IOFTへ。

ビックサイトでは久しぶりの晴天に恵まれて足取りも軽くスタートです!

今年は新しくできた南ホールでの開催。

海を眺めながら歩き進める白い道は高揚感を誘います。

最初に向かったのは・・・

TRACTIONのブース。

毎シーズン、本当にたくさんの新作をリリースするのですが今回もたっぷりと。

スタンディング仕入れ(最初は座っていても気づくと立ってしまう・笑)が、これは!と思うモデルがたくさんあったシルシです。

つい1週間前にパリと、アトリエ&オフィスのあるJuraでお世話になった

デザイナーのLucaとの1枚。優しくて綺麗な瞳をしていて、お父様とお母様

それぞれに似ているところを感じます。隣に立ったら随分と大きかったです!

次に回ったのはやはりパリの展示会SILMOでもお祝いに立ち寄ったlafontのブース。

SILMO限定があるように、日本限定もあるので見逃せません!

やっぱり気がつけばスタンディング仕入れに(笑)

選ぶのが大変だったほどで、来春の入荷がとっても待ち遠しいです。

デザイナーのトーマさん、lafontを熟知されている高橋さん、そしてラファエルさんとの5ショット。高橋さんはパリにも詳しくて、今回のフランス出張のときにもいろいろお世話になりました。

今度は杉本圭ブースへ。

真っ白いパネルにいつもの書体で、「杉本圭」の文字がよく映えます。

いつもお世話になっている長谷川さんと。

鯖江のいろいろをうかがいつつも、店長とふたりいつもながらにテンポよく進んでいく様子が ”ならでは” で、何とも言えません!

IOFT限定モデルはもちろん、いつものミュゼのお気に入りもしっかりいただいてきました。

AKITTOのブース。

花々と一緒にいつもの笑顔で迎えてくれました。

まずはおいしいおもてなしに預かりいろいろとお喋り。

(これがランチになりそうだねと言っていたら本当に。凄く助かりました!)

新作のなかでも一番気になったのが食器をイメージソースに生み出されたモデル。「食器が眼鏡⁈」とは川上さんならではですが、ご覧いただくとさすがの納得感だと思います。

4種類の木で作られたオリジナルの眼鏡スタンドもお楽しみに!

Less than human のブース。

ミュゼの思うless らしいモデルをいくつも見つけて嬉しくてオーダーしてきました!

(あとになって潔い白が眩しいパネルの04310の意味を聞けばよかったなと)

ほかにもいろいろなブースを回らせていただき

あっという間に閉場時間20分前となっていましたが、別フロアの会場へもダッシュ。アナウンスが流れるなかを惜しむように見ていたら、今後が楽しみな出会いがあり嬉しい疲れの中で幕となりました。

真っ青だった空にはぽっかり綺麗なお月様が。

大好きな笑顔や素敵な新作に恵まれて、どうしているかしらと思っていた方にも偶然お会い出来たりとお陰様での今シーズンとなりました。

入荷はいつもどおり随時のタイミングになりますから

是非お楽しみにグラスミュゼへ足を運んでいただけましたら幸せです。

お世話になりました皆様へ、どうもありがとうございました

&本当にお疲れさまでした!

以上、長くなりましたがIOFT2019レポートでした。

本日もご来店誠にありがとうございました。

どうぞじっくり楽しく悩んでいただけましたら嬉しいです。

yuki