メンテナンスも大切です

今日はちょっと珍しく店長の作業風景を。

セルロイド&アセテート素材の場合、ともに表面が白濁して艶がなくなってしまうという

日々ご愛用いただけているからこそのダメージも、

てまひまをかけてあげることで実は、美しく蘇ります。

レンズを外して、フレームのパーツを全て分解して行う「磨き」の作業。

写真は、鼻あて部分の劣化した表面を削り取っている工程で、

この後、サンドペーパーで目の粗さを変えて磨いてから、

細部用のバフ(電動歯ブラシのような回転する布?!)で表面を整えます。

(ほかの部分もそれぞれの方法で磨いて組み立てなおして完成です)

手を入れてあげることでどうぞ長らく愛していただけますように☆

正面だけでなく、テンプル(ツル)の部分なども意外と目に留まりやすい部分なので、

ご自分の眼鏡をチェックして「艶が減ってきたみたい」と思われたら

メンテナンスのタイミングです。

数時間~1日程度、眼鏡のコンディション等でお預かり期間は変わってきますので

お時間には余裕を持ってご来店ください。

 

【マメ知識】セルロイド、アセテートともに綿花を原料としたプラスティック素材。

添加する物質で性質が変わってきます。

***

今日はお客様のほかにも冬のイベントに向けた打ち合わせなど

文字通りあっという間の1日となりました。

本日もご来店くださり誠にありがとうございました!

明日はグッと気温も下がるようですから皆さまどうぞご自愛くださいね。

(イベントリリースは秋も深まった頃の予定です。こちらもお楽しみに)

yuki