MARKUS‐Tのスタイル

p1230124

「すべてがドイツ」のMARKUS-T のSILMOブースにて
マルクス氏とザビーネさんとの4ショット。
(ニアミスが続いたマルクス氏にも今回は会えました!)

いつも変わらぬ笑顔のザビーネさんと
大きく雰囲気を変えたブースとのコントラストが印象的でしたが・・・

p1230113

今回のブースは来年完成する新社屋*MARKUS村と同じ素材で
マルクス氏自身がデザインして作ったものとのことでした!
(MARKUS村というのはミュゼでの呼び名です、詳細はまた改めて^ー^)

***

ところ変わって今日は日本で
MARKUS-Tのセミナー&新作発表受注会にうかがってきました。

講師はザビーネさん。

dsc_3783

MARKUS-T は例えば独自の素材・構造などどれをとっても
語る要素が満載!ということで今回も内容の濃いひとときとなりました。

今回の新社屋、なかでも工場の拡張により
例えば・・・TMi(マルクスの独自素材)のカラーリングも
自社で、まるで生地のように染色できるようになったのだとか。
(色がはげたりアレルギーの心配もなくなります!)

ほかにも盛りだくさんでしたが、
商品と合わせて少しずつご紹介させてください。

これまでのお気に入りもお色味を変えて
冬の入荷とのことですからお楽しみになさっていただけたら嬉しいです☆

本日も遠路はるばる、いろいろなお客様にご来店いただき
誠にありがとうございました。

yuki

***

明日10月5日(水)は定休日を使って、国内の展示会を回ってきます。
10月6日(木)以降のご来店を心よりお待ち申し上げます。