おにぎりめがね

いつのまにか「私の眼鏡履歴」というかなり堅めのカテゴリーが増えていたミュゼブログ。どれを1本目にしようか悩ましいので、いっそのことメガネの世界に入ってからの18年を遡り時系列でアップしようかとも思っていたのですが、やっぱりその時に目が合ったメガネからにすることにしました。

こちらはドイツ生まれの通称:おにぎりめがね。複雑な発色のブローの飾りはお福さんのような?幅狭で。ほんのり垂れ目も加わって愛嬌たっぷりななかにも何となく繊細さもあって。不思議で大好きなメガネです。

しばらくコレクションボックスにいましたが、久しぶりに髪形を大きく変えたらまた新鮮な似合い方をしてくれてマイブーム再来です。

・・・記憶を辿ると、ちょうどメガネの”ものづくり”をもっと知りたいと思い始めた頃にいただいた格別思い入れのある1本。店長がドイツで見つけてきた貴重な1点ものだったこともあり、遠慮もあって心密かにかなり待った覚えがあります。

あれからエイジングを経て(笑)例えば輪郭もそれなりに変わりましたが、今だからこその似合い方があるように思います。

そこに普遍性のある”好き”が存在すれば、飽きることなくこれからもずっと。

本日は初めてグラスミュゼの扉を開いてくださり誠にありがとうございました。心を込めてご提案させていただきましたメガネたち、どうぞ末永くお役立ていただけましたら幸せです。

yuki