福井へ

火曜日はお陰様で最終便で無事移動することができました。
(ご不便をおかけしてしまいましたがどうもありがとうございました)

乗り継ぎを重ねて向かった福井にて
最初に出迎えてくれたのは、大雪のニュースで幾度となく登場していた恐竜たち。

久しぶりに向かったお気に入りの宿では、深夜だというのに
笑顔で迎えてくださり温泉も翌朝の名物ごはんもおいしくて
もうすでに「また福井に来れたのだ!」とスイッチが入りました。

ココロもカラダも準備ができたところで・・・

水曜日は朝から、枯れ木探し。
店長が探しに探して早何年?! 遂に見つけたのは森の中でもなく、山でもなく
なんと表現したらいいのか思いもつかないようなところでした。
(発想もスケールも本当に凄くて素晴らしかったです)

思いがけない出会いに後ろ髪を引かれつつ乗り込んだ特急しらさぎでは、
福井駅で走って買った駅弁を満喫♪わさび菜のごはんとえんがわ&ポン酢のお寿司は
考案された方に御礼を言いたいほどのおいしさでした ^ー^/

しらさぎで揺られて向かったのは岐阜県は大垣。
おおがきと言えば・・・

影郎さんです!
15周年の節目を迎えられる影郎デザインワークスのギャラリーへ
初めてうかがってきました。
井戸水で淹れてくれたというおいしいコーヒーをいただきながら
懐かしい作品たちに思い出が重なるひととき。

日暮れの頃には、水の都*松尾芭蕉*奥の細道むすびの地としての
大垣の顔を案内してくれました。その後にはおいしい品々を囲んで
あっという間に夜も更けていました。

たった1日されど1日・・・
こんなに盛り沢山な1日はそうそうないと思えるほどの水曜日を過ごして迎えた木曜日の朝、
新幹線に送ってもらっていつも通りにミュゼはオープン☆

すると夕方にお越しくださったのは生粋の福井の方!
店長ともども、ここでもまた福井のお話に聞き入ってしまいました。

行きの特急しらさぎ車内から見た鯖江にはまだ雪もありましたし、
今シーズンの雪がいかに凄くて困難を極めていたのか、
眼鏡の故郷である鯖江との配送の遣り取りが滞っていたことなどからも
想像はしていたつもりですが、やっぱり想像は想像でした。。。

言葉がうまく見つからないのですが、現地の皆様には改めまして季節の移ろいの中
どうかよき春、新年度を迎えられますようにお祈りしております。

火曜日の夜から木曜日の朝まで・・・あまりに盛り沢山だったので、
久々の超長文ブログになってしまいましたが(スミマセン)

枯れ木探しでお世話になりました皆さま、
影郎さん、お世話になりまして本当にありがとうございました。

そして本日もご来店くださり誠にありがとうございました。
久々の冷たい雨、どうぞご自愛くださいね。

yuki

(photo: 水の都、大垣散策お気に入りの1枚です)