2日目*lafontに触れる日

2017年の海外眼鏡の旅。

2日目は、ラファエルさんアテンドのもと本国にてlafontに触れるという、とても貴重な機会をいただきました。

photo↑: lafontの源と言っても過言ではないheadquartersより

*

3年前にうかがったマドレーヌのブティックは、lafontならではのエッセンスが詰まったアトリエが増設されていました!

*

こちらは初めてうかがったパッシー通りのブティックの、2階の窓より。

ミュゼではお取り扱いがありませんが、お子様のための眼鏡にも心を砕いているlafont。可愛いデザインと豊富なラインナップだけでも魅力的ですが、そもそも子供に必要なことはなんだろうかという土台のところまでとても豊かで奥深いのだということを肌で感じる機会にもなりました。

*

ダイジェストで書くのは憚られるほどに貴重な時間のいろいろは戻りましたらじっくり報告させてください。

12月8日より開催のlafont展2017のご案内状の店長のイラストにも現れるはずなのでそちらもお楽しみに☆

ラファエルさんをはじめlafontの皆様、今回コーディネートくださった方々、この度は本当にありがとうございました!

and パリ在住のマダムの通訳の方もとても素敵な方でした。

yuki(171121)