フランス MOREZ

Musee de la lunette

フランスのメガネ産地Jura地方のモレにある博物館。

モレは国内で最初にメガネ作りを学ぶ場が作られた地域でもあり今でもフランス眼鏡産業の中心で、現代的な建物のなかにはかなり古い資料も展示されています。

眼鏡そのものの歴史を辿るのはもちろんのこと、地域と産業という切り口でも、人によってはアートという意味で見ても感じるものがあるのでは。私にとっては、どれだけのものを注いできたのかなど眼鏡にまつわる先人の営みを感じると同時に、改めての尊さを全身で受け止める機会にもなりました。

ジュラを経つまでの寸暇を惜しんで車を飛ばしてくれたTRACTION PRODUCTIONSのThierry氏のご厚意のお陰で叶った訪問、本当に幸せでした!

博物館の外観と、中央にはThierry氏。(フランスの眼鏡を教えてくれた方でもあります)
モレでメガネが作られ始めたのは18世紀後半とのことですが、
展示されていた工具はちょっと無骨ながらも馴染みのある今のもとのそっくりでした。
検査機器の原型がズラリ。工具に比べるとその進化は著しく、説明なしでは殆ど分からないほどでした。
天使様が人間に単眼鏡を授けている作品。それだけ神聖だと考えらえていたからでしょうか、私の大好きな展示の一つです。

〈旅のおすすめ〉
スイスとの国境近くの雪深い山々に囲まれた場所だけあってアクセスは容易とは言えませんが、メガネ好きな方には道中から既にフランスの眼鏡産業の息づかいを感じることができます。青く美しい山々を眺めながらいただくコンテとモルビエ(牛乳のチーズ)と、独特のおいしさのジュラワインも是非ご一緒に。

2014 yuki

ドイツ

イギリス