日本を大切に思ってくださっているlafontのラファエルさんがコーディネートしてくれた、ミュゼのふたりのためのlafontツアー。パリ市内のlafontブティック(眼鏡店)&アトリエ、ファミリー御用達のお店のあとはヘッドオフィスまで。とても贅沢でディープな1日を過ごさせていただきました。

***

私たちのフランス出張はパリにはじまりパリに終わる。各地に様々な魅力があると実感するようになってからもやっぱりまずはパリ。

そんなパリに100年のルーツを持つlafontより、日本のことを大切に思ってくださるラファエルさんがブティック(眼鏡店)から縁のお店、そしてその心臓部までlafontの世界を隅々案内してくださいました。ごくごくダイジェストになりますがその時の様々を少しでもお分けできたらと思い綴ります。

スタートはマドレーヌ寺院近くのブティックから、店員さんのアングルでの一枚。

ヴィニョン通りのブティックの内部。写真左上のすりガラスの窓はかなり古いものなのだとか。さすがの趣がありました。

こちらへは2度目の訪問でしたが今回はラファエルさんのご案内とあって発見がいっぱい!歴史あるlafont最初のブティックだけあり薫り高い空間は、優雅さはそのままに進化し続けていました。

ブティック奥にある階段

この階段を降りるとラボがあります。(ブティック正面でも下を向くと少しだけ様子がわかりました)

ここでは、私たちと(多分、日本の多くの眼鏡店と)同じ作業でも道具が違うことを発見。気候条件(湿度など)の関係もあるのでは等々そんなお話もしながら清潔感のある機能的で洗練された空間が素敵でした。

アトリエを紹介してくださったあとの1枚

職人技と美しい笑顔が本当に素敵で眩しかったです。(2年後のSILMOで思いがけずに再会、覚えていてくだって嬉しかったです!)

少しずつ広がっているというこちらのブティックに、少し前に新設されたオーダーメイド用のアトリエも紹介いただきました。度数や骨格など、お好みはもちろん最適なものを選ぶには様々な要素に注目したい眼鏡だけあって、オーダーメイドの醍醐味も大きいはず。お話をうかがっているだけでも楽しみでなりません。

ちなみに、お写真にはないのですが、地下にはハンドメイドの木製の小さなガラも(磨き用の装置)ありました。温度や湿度が管理しやすい空間で、好適なのだとか。

移動してパリ市内の別のブティックへ。

パッシー通りにあるブティックの2階より

lafontらしいスタイリッシュな色調のなかには可愛いイラストがいっぱい。(窓まで可愛い!)ここはお子様向け眼鏡のフロアです。

lafontのお子様用の眼鏡はとっても可愛くておしゃれだということは知っていたのですが、その根底にある哲学は大変に深いものでした。例えば、かなりゆったりと広くとってある床ではその子がどんな風に体を動かすのかを把握できるようになど、随所に感動するばかり。(グラスミュゼはお子様向け眼鏡のお取り扱いはしていませんが、様々な学びがありました)

lafont縁のお店にて

ランチタイムもlafontツアーらしく、縁のお店にご案内いただきました。

観光客の様子はなくさすがメニューはフランス語だけ(笑)。一皿一皿、色合いも盛り付けも、もちろんお味もとっても素敵です!いつもはなかなか聞けないラファエルさんのプライベートトークをうかがいながら、楽しくておいしいひとときはあっという間に過ぎていきました。

そして最後はパリ郊外にあるheadoffice、いわゆる心臓部へ。

扉を開くともうlafontの薫りが満ち溢れていて、スタッフの方々もまるでlafontの作品から飛び出してきたかのよう!お忙しいシーズン中にも関わらず笑顔でむかえてくださいました。

デザインスタジオからの一枚

headoffice内にあるデザインスタジオまで拝見できるなんて!こんな景色を眺めながらデザインされているのだなと想像するうちに気づけば無言になっていました。視線をずらすと装丁だけでも素晴らしい書籍など様々目に飛び込んできて・・・

4代目デザイナーのトーマさんの仕事部屋(という硬い表現はされていませんでしたが、デザインスタジオとはまた別の大きな空間)も見せていただくと、とにかくあっと目を引くものが天井近くまで?所狭しといっぱいに。それはこの空間自体が作品だと感じさせる、まるでワクワクの泉のようなところでした。

ラファエルさんとの一枚

胸がいっぱい過ぎて・・・表情が物語っています。

先代のムッシュlafontがまだ若かったグラスミュゼにお越しくださった折、ミュゼのシンボルである裏庭を褒めてくださったことを店主から聞いたのはずっと後のことでしたが、時を経て今度は私たちがホームにうかがうことができたことは本当に嬉しくて、殊、店主は感慨深さもひとしおだったはずです。

ここまで記憶を辿りつつの旅日記となりましたが、お読みくださった皆様にはパリ薫るlafontの世界を少しでもお楽しみいただけましたら幸せです。 yuki  (2017)