2018春*展示会

先日のクロムハーツを皮切りに、年に2回の新作*展示会シーズンが到来!
ということで昨日は丸々半日歩きに歩いて展示会ツアーでした。
長くなりますがよかったらその空気感が伝わりましたら幸いです☆

トップバッターは、毎回恒例のAKITTO!
眠気も吹き飛ぶほどにテンションを一気に引き上げてくれてくれる川上さんの作品たちですが、
今回もまた繊細で優美な美しさと可愛さを絶妙のバランスで楽しませてくれました。
(話が弾み過ぎてお写真を撮りそびれてしまったので、入荷まで乞うご期待 ^ー^v)

2つめはクレイトンフランクリン。
描線の美しさや、こだわりの作り込みがアピールすることなくサラリと表現されているところに
いつも特に魅力を感じるのですが、今回の新作もまたあっという間に嫁いでいくのだと思います。
(ミュゼでは従来のモデルにもお気に入りが多く、そのあたりもしっかり仕入れてきました)

ここでもう(笑)、展示会ランチ登場。
昨日は朝も早めだったので早々にエネルギーチャージ!
限定6食のステーキランチのお蔭で1日乗り切れたのだと思います。
(写真で見るとこれだけオナカに収まったなんて^ー^;)

足取りも軽やかに前を行く店長。
新緑の南青山といえば展示会というくらいにすっかりこの景色がお馴染みになっていますが、
年月を重ねてもワクワクは変わりません♪

SLIT*表参道ヒルズ

そしてまた今シーズンもTRACTION の Tierryに再会できました!
(photo: TRACTIONのディレクター&デザイナーのTierryと高橋一男さんとの1枚)

色彩の取り合わせや、少しの描線の違いに大きなオリジナリティを感じるTRACTION
今回もまた「らしさ」溢れる新作をオーダー☆

and この秋、パリでの再会を約束してきました。
(photo: チーズの本国での楽しみ方を教えてくれたTierryからお土産にいただいたブルーチーズ。
お気に入りのバケットと一緒に今夜いただきます♪)

あっという間に時は過ぎて・・・移動タイム、
会場に入る前、1年前と同じ場所から渋谷の今を眺めるひととき。

次はCOME*渋谷ヒカエリ。

最初に向かったのは5月の連休にミュゼにてイベント開催予定のlafont ブース。
いつも見応えのあるディスプレイですが今回はとりわけ日本の薫りがしました♪

それもそのはず!2018年は、パリのブランドであるlafontが
日本にやってきて20周年のAnniversaryYear


(photo: 壁いっぱいに飾られたパネル。この20年間に発表されたコレクションが描かれていました)

今回のlafont展でもお世話になっている佐藤さんと店長の商談風景より。
(夢中になって気づくとスタンディング仕入になってしまうのですが・笑)

色彩豊かで、日々の暮らしの中で楽しめる遊び心に溢れたlafontらしい
新作たちはどれも素晴らしくて選ぶのが大変なほどでした☆

lafont のデザイナーのトーマさんとラファエルさんとの1枚。
昨日出来立てほやほやのlafont展のご案内状を手渡すと、
それがパリのどこの景色なのかさすが!すぐに分かってくれました。
(間に合ってよかったです^ー^v)

パリでの再会を約束して、次に向かったのは
ミュゼでは少し久しぶりの REAL

そこまで!というこだわりにひたすら徹した作品たちが
いかにして誕生したのかを前のめりでうかがってきました。
手に取って掛けてみるだけで・・・言葉なくして既に伝わる魅力があると思うのですが、
その上で、そのいろいろを言葉に載せてお伝えできるのを楽しみにしています。
(夢中でお話をうかがっていてお写真は撮りそびれてしまいました。。。)

いよいよ終盤!こちらは杉本圭ブースにて。

先日の大雪のあと、福井から来てくださったときのお話が
とても印象的だった長谷川さんとの1枚です。
エッジや、鏡のように滑らかで美しい仕上げ=杉本圭はそのままに、
新作では特に綺麗なラウンドがとにかく印象的でした。

杉本さんと店長は昨日もまた立ち話(笑)、温かい雰囲気も相変わらずです。

ランチのあとはノンストップだったので
会場を出てすぐにとりあえずお休憩。

それでもタイムアップで持越しとなったブランドもありますが
お陰様で今シーズンもまたいい作品たちに恵まれて、何とも幸せな疲れでした。
(店長が好きなマンデリンと私好みの濃厚なチーズケーキでいい〆になりました)

お世話になりました皆さまへ、
お久しぶりにお会いできて嬉しかったです!

新作入荷のタイミングはいろいろなので、またこちらで随時ご紹介させてください。
どうぞお楽しみに ^ー^v

本日もご来店くださり誠にありがとうございました。
(最後までお読みくださりありがとうございました)

yuki