Digital Lens

このところ目の疲れを感じやすくなってきたので、
今日から新しいレンズに挑戦してみました。

その名も、Digital Lens / by CARL ZEISS  (カールツアイス・ドイツ)

疲れ目にはいろいろな原因があるのですが、
デスクワークが多い大人世代の方では
両眼視のチェックをしたうえで問題がなければ
老眼の入り口かも・・・ということが少なくありません。

***

そこで登場するのが遠近両用(1本で遠くから手元までカバーする眼鏡)ですが、
Digital Lens はその一歩前のイメージ。

遠くを見るためのレンズ(近視や遠視、乱視などの眼鏡)の下の方に
ほんのり手元を見るための度数を入れてあげることで
違和感も殆ど感じることなく、どちらも楽に見ることができるという仕組みです。
(もちろん、人様の目には老眼が反映される前の眼鏡と同じように映ります)

私はレンズの違和感をかなり感じやすい方なのですが、
Digital Lens を経て遠近両用に移行することで
使用感もよりスムーズなのではと期待しています♪

***

まさに今日、Digital Lens デビューされたお客様と私、
二人してその便利さと快適さで盛り上がっていたものですから
ミュゼのブログにしてはとても珍しく、レンズのご紹介をさせていただきました。

老眼というと響きこそ微妙ですが^ー^;
目の調節機能は25歳を過ぎると衰えてくると言われることを思えば、
道具を上手に使いこなすことで
余計な疲れから解放された方がいいと思うのです。

大人世代にはセンシティブな、
でもかなり興味深いところかと思いますので
「最近、目が疲れてしまって・・・」等々ございましたらご遠慮なくご相談ください。

and

「遠近両用に挑戦したけれど合わなくて、でもやっぱり使いたい」という
お客様もお待ちしております!

***

ご自身の魅力を最大限に引き出してくれるフレームに
今の目の状況とライフスタイルを反映させたレンズを合わせて

心地よい日々のお手伝いを果してくれる眼鏡をお届けできれば幸せです☆

本日もいろいろなお客様にご来店いただき
誠にありがとうございました。

yuki